HOME >> 車を譲り受ける時の手続き(名義変更)

車を譲り受ける時の手続き(名義変更)

中古車を購入する場合、販売店で名義変更の手続きをしてくれます。
ですが、友人や知人などから車を譲ってもらうという方もいることでしょう。
名義変更の手続きは、もちろん自分でも申請することができます。
必要な書類をそろえることができれば簡単に申請できるものです。
ここでは、車を譲り受ける際の手続きについて紹介していくことにしましょう。

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



名義変更手続きに必要な書類

名義変更を自分でする場合、以下の書類が必要となります。カッコ内はその書類を受け取ることのできる場所となっています。
車の譲渡証明書

譲渡証明書(陸運局のHPからダウンロード可能)
車検証
旧所有者の印鑑証明書(住んでいる地方自治体)
新所有者の印鑑証明書(住んでいる地方自治体)
旧所有者の委任状(陸運局のHPからダウンロード可能)
新所有者の委任状(陸運局のHPからダウンロード可能)
新使用者の車庫証明書(住んでいる管轄の警察署)
申請書(陸運局で当日購入)
手数料納付書(陸運局で当日500円の印紙を購入して貼付)
自動車税・自動車所得税申請書(陸運局横の税事務所で当日申請可)


名義変更の流れ

車庫証明1.まずは、名義変更に旧所有者の記載が必要な書類を用意する必要があります。譲渡証明書と委任状は陸運局のHPでダウンロードすることが可能ですので、必要な項目を記載してもらい捺印をしてもらいましょう。印鑑証明書は本籍地のある地方自治体で登録してあれば、すぐに受け取ることが可能です。ただし、車検証と記載されている氏名や住所が違う場合には別途住民票が必要となります。

2.次に自分(新所有者)の記載すべき書類を用意しましょう。車庫証明は、取得まで時間がかかりますので、注意が必要です。自分の住んでいる管轄の警察署に出向き、申請書を提出したら、後日警察が場所を確認の上、発行されます。駐車場を借りている場合には、貸付人の承諾書または、契約書などが必要です。

3.ここまで用意できたら、名義変更手続きのために陸運局に出向きましょう。手続きは旧所有者管轄の陸運局ではなく、新所有者の陸運局で行います。当日申請できる書類をすべてそろえた上で、提出できれば、申請は完了です。

名義変更にかかる費用

名義変更の際には書類にかかる費用の他、色々な費用が必要となります。名義変更に必要な費用は以下の通りです。

移転登録手数料    500円
申請書代金      100円
ナンバープレート代  1400円から1900円
(個人の希望ナンバーにする場合には4000円から4500円
印鑑証明代金     400円から800円(旧・新2通分)
(登録も必要な場合1件につきプラス200円から500円
自動車所得税
「新車価格×0.9×経過年数率(軽自動車の場合は別途係数あり)×税率5%(軽自動車は3%)」
(車の取得金額が50万円未満の場合は、納付義務はなし)
車庫証明費用     2500円から2800円(都道府県により異なる)

などの費用が掛かってきます。ただし旧所有者と、新所有者が同じ県内の場合、ナンバープレートの変更手数料は必要ありません。

■関連リンク
・オンラインの中古車販売店のメリット

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



友人・知り合いから車購入の流れ

長く知り合いということもあり、中古車を購入する場合でも安心感があると思いますが、友人や知人からの中古車の購入ではいくつかのポイントがあります。
>>次の記事へ