HOME >> 車庫証明の取得方法

車庫証明の取得方法

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



車庫証明の取得について

車を買い換える際には、いろいろな手続きが必要になってきます。
中でも車庫証明の取得には、数々の必要書類がありますので、きちんと準備をしましょう。

ただし、車庫証明の手続きに必要な書類は、普通(小型)乗用車と軽自動車など、車種によって異なります。
ここでは、一般的な普通(小型)乗用車についての説明になります。

車庫証明の取得手順

車庫証明普通車や小型乗用車の車庫証明の取得方法では、まずは車を保管する場所(車庫)の確保が必要です。
車の保管場所には、「道路以外の場所」「車全体が格納できること」「道路から容易に出入りができること」「保管場所が、使用本拠地の位置から2km以内にある」ことなどの条件があります。

次に、車庫証明の申請手続きに必要な書類です。
車庫証明を取得のために必要な書類は、いくつかありますが、保管場所の住所を管轄する警察署や運輸支局(陸運支局)などで、「車庫証明申請書類」一式を手に入れることができます。
インターネットでダウンロードできる地域もありますが、通常複写式で数部提出が求められるものですので、ダウンロードの場合には、同じものを複数枚記入しなければならないこともあります。また、都道府県によって様式が異なりますので、ご注意ください。

共通して必要な書類は

1.自動車保管場所証明申請書
2.保管場所標章交付申請書
3.車の保管場所の所在図・配置図

です。その他に、自分の所有の土地や建物を使用する場合には、

4.使用権原疎明書面「自認書」

月極めの駐車場など、賃貸駐車場や親所有の土地に保管する場合などでは、

5.保管場所使用承諾証明書

が必要になります。
5の承諾証明書がない場合、

6.駐車場の賃貸契約書のコピーまたは、駐車場使用料金の領収書など、都市基盤整備公団などの公的法人が発行する確認証明書などが必要です。

申請は、保管場所(車庫)の所在地を管轄する警察署におこないます。その際には、申請手数料がかかります。

書類発行後は

車庫証明の取得について車庫証明の発行には、申請から取得までに約5日前後の日数を要します。
また、車庫証明交付日には、印鑑と引き換え券が必要になりますし、標章交付手数料も必要になります。

「自動車保管場所証明書」「保管場所標章交付申請書」が交付されます。
この「保管場所標章交付申請書」に必要な収入印紙を添付し申請、「保管場所標章通知書」「保管場所標章(ステッカー)」が交付になります。
「保管場所標章(ステッカー)」は、車の後部ガラス(左下)に添付します。
もし、後部のガラスがない車の場合には、車体の左側面にステッカーを添付することになっています。

■関連リンク
・オンラインの中古車販売店のメリット

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



値下げ交渉のコツとは

中古車の購入には、多額の費用がかかります。 同じ車種であっても、交渉次第で購入価格に大きな違いが出てくることも少なくありません。
>>次の記事へ