HOME >> 自社工場を持っている販売店がおすすめ

自社工場を持っている販売店がおすすめ

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



自社工場を持っているかどうか

中古車販売店の自社工場中古車を扱っている販売店は数々ありますが、実際に購入する時には、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

中古車販売店を選ぶ判断の方法や特に注意している点などは、人それぞれ違っていますが、自社工場を持っているかどうかも、重要な判断基準になります。

中古車を購入する際には、購入しようとしている車の整備が、いかに良い状態であるかは大切です。
その点、自社工場を持っている中古車販売店であれば、きちんと整備をしている可能性は高くなります。

きちんと整備された中古車であれば、購入後にも状態も良く長く乗れるでしょうから、良い買い物だといえるでしょう。

自社工場は3パターン

自社工場を持っている中古車販売店ただし、ひとことで「自社工場」といってもいくつかの種類があり、大きく分けると3つに分類されます。

1つ目は、国からの認可を受けている「指定工場」、2つ目は、国から認可を受けた「認証工場」そして、3つ目は、「認可のない工場」です。
もちろん、国の認可を受ける際にはさまざまな条件がありますので、認可がないよりはある工場の方が安心できるでしょう。

自社工場を持っている販売店には、中古車の専門的な知識を持ったスタッフが常駐しています。
そのため中古車を仕入れる際にも、専門知識を駆使した良質な中古車を入れることが出来るでしょうし、アフターサービスの面を考えても、対応力の良さが伺えます。
認可を受けている整備工場でなければ、必ずしも「自社工場を持っている=サービスやアフターケアがしっかりしている」にはならないのです。

自社工場の見極めが肝心

分解整備の出来る自社工場それでは、認可を受けている工場とそうでない工場では何が違うのでしょうか。
大きな違いは、「分解整備」ができるか否かでしょう。
道路車両運送法で定められた「分解整備」ができる整備工場は、認可を受けた整備工場のみと定められています。
そのため、消耗品の交換やオイルの交換はきちんとしているか、ファンベルトやタイミングベルトの交換もしているかなど、認可を受けていない整備工場でしたら、いくら自社工場があるといっても不安は尽きません。

認可を受けていない整備工場では、整備内容にも制限がありますので、外注での整備に頼らざるをえません。
そのためにかかる費用は、もちろん購入者にかかってきますので、購入価格に影響してくるはずです。

認定を受けている整備工場には、認証の標識を掲示することになっています。
確認してみましょう。
また、(社)日本中古自動車販売協会連合会などが加盟している「(社)自動車公正取引協議会」では、中古車販売に関するルールを決め運用しています。
万が一のトラブルの際にも、各団体の消費者相談窓口の利用も可能ですので、安心です。

■関連リンク
・オンラインの中古車販売店のメリット

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



詳細な見積もりを出してくれる販売店へ

中古車の場合には新車と違い、使用状態や使用者、事故の有無などによって、状態は大きく異なってきます。
>>次の記事へ