HOME >> 中古車購入に用意する書類

中古車購入に用意する書類

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



必要書類等について

中古車購入に用意する書類中古車購入にあたり、値引き交渉はしっかりおこなったでしょうか?まだしていないといった人は、契約前に必ず1度は値引き交渉をするようおすすめします。中古車は値引きすることが前提で価格設定されているのが通例です。

中古車の購入の際は、商談がまとまれば正式書類を変わることになります。契約書に捺印、記載をすれば「正式契約書」とされ、契約完了です。

しかし、何かの商品を購入するときのように、ただ記載と捺印だけすればよいといったものではありません。必要になってくる書類がたくさんありますので、覚えておきましょう。

実印、印鑑登録について

実印社会人になったばかりの人や学生は、特に実印を持っていないといった人も多いことでしょう。

実印とは法的にとても強い効果があり、通常のゴム印などとは異なった頑丈な印鑑を登録することがほとんどです。実印については、住民票がある市区町村役場で印鑑登録が必要となります。

実印に関しては、家の購入やその他さまざまな節目で活用するものであることから、しっかりとした形で保管しておくことが大事です。

印鑑登録をおこなうことで、「印鑑証明書」の発行が可能となります。廃車もしくは下取りなども検討している人は、この印鑑証明書を購入用1枚、廃車、下取り用1枚の2枚が必要となります。

車庫証明書

車庫多くの車は車庫証明書が必要です。

これは車を保管する場所について、警察署に申請するといった作業です。警察署ではこの受理を受けて、確認をすることになっています。

賃貸の駐車場については貸主である会社もしくは個人の署名、押印が必要です。

車庫証明書類は販売店側で用意してくれますので、そちらをいただいたうえで、署名、捺印するようにしましょう。

自動車検査証

車検が残っている場合、車検を受ける必要はありませんが、名義を変更するため、車検証の所有者欄の名前が新たに書き換えられています。

購入後、使用者が自分の名義かしっかり確認しましょう。

悪意を持って変更していないケースもあるでしょうし、たまたま業者が忘れている場合もあります。いずれにせよ、しっかり確認することをおすすめします。

委任状

多くの場合、販売代理店の手続きをしてもらうことと思います。
車の手続きを代行してもらうにはこの「委任状」は欠かすことができません。委任状については販売店側が用意しているため、記載と捺印をすることとなります。

譲渡証明書

中古車は基本的に譲渡となります。
そのため双方が納得したという譲歩合意が、この書類にあたります。
譲渡証明書は譲渡してもらう相手の名義と自分の名前についてもしっかり確認しておきましょう。

住民票

軽自動車を購入したいケースで必要となります。

その地域の法令によっても異なるため、注意が必要です。軽自動車以外の購入でも必要なケースがあるため、販売店に確認してみましょう。

中古車販売店で、指示はもちろんしてくれますが、印鑑登録や住民票などはあらかじめ用意しておくこともできます。

スムーズに手続きをおこなうためにも、事前に準備しておくといいでしょう。

■関連リンク
・オンラインの中古車販売店のメリット

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



見積書に記載されていること

ネットなどの中古車販売店で、人生初の車購入!といった人もいることと思います。 車の購入には、税金や諸経費など実にさまざまなものが発生してきます。
>>次の記事へ