HOME >> 試乗、試運転で車を見極めるポイント

試乗、試運転で車を見極めるポイント

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



実際に試乗してみましょう

中古車の試運転特に中古車の場合は必ず試乗、試運転することを強くおすすめします。外装等問題なくても、実際に乗ってみておかしい箇所が見えてくることもあります。

ネット中古車店で購入を検討している場合にも、必ず試乗、試運転はさせていただくといいでしょう。

特に事故車の場合は、事故の衝撃で何かが正常どおりではない場合もあり、試乗をきっかけに気付くことがあります。

運転席に座ってみる

中古車の試運転試乗、試運転にあたり運転席に座ることになるかと思います。試乗、試運転についてはシートの座り心地に問題がないか?死角はどうなっているのか?といったことをしっかり確認しましょう。

死角については、車の造りによって異なってくるため特に特殊な形の車は、よくチェックしておくべきです。また視界が良いかどうか?も確認しましょう。

スポーツカーは基本的に視界が良くないことが多いので、自分の体格に合っているかも含めて検討したいところです。

エンジンをかけてみる

車に乗ったらエンジンをかけるというのは、常識といったイメージがあるかと思いますが、エンジンがすぐにかかるか、そうでないか?はまるで違う話です。

正常な状態なら一発でエンジンがかかります。もしそうではない場合は、何らかのアクシデントを含んでいる可能性も含めて見極めることが大事です。

走ったときの感覚

中古車は知った時の感覚試乗、試運転については何より「走ったときの実際の感覚」が大事といえます。車を走らせたとき、アクセルをゆっくり踏むとどういった動作をするか、また急な踏み込みをした際、ひっかかりはないかなど敏感に感じ取る必要があります。

ちょっと変だな?と違和感があっても「勘違いかもしれない」とか「この車はこういった車なのかもしれない」といった形で納得してしまう人もいるかと思いますが、ほんの些細な直感こそが大事であり、それらについてはぜひ確認したいポイントといえます。

ブレーキについて

中古車のブレーキテスト試乗、試運転では実際にブレーキのテストをしてみましょう。ブレーキはブレーキパットを交換するのが通例です。これを怠っていると、ブレーキの利きが悪くなったりトラブルの原因となります。

また急ブレーキのテストも大事です。急ブレーキのテストはブレーキの本質を発揮するテストといえます。またブレーキを踏んだ際、おかしい音がしないかもチェックしてみましょう。「キー」とか「シュー」といった音が出たら要注意です。

ハンドリングのテスト

当然ながら試乗、試運転する際はハンドルを持って操作することと思います。ハンドルを持って操作をしてみると、車によってけっこう違いがあるものです。

ハンドルの重さもしかり、曲がる角度もしかり、また変なひっかかりがあったり、どうも安定性にかけているなと感じる可能性もあると思います。ハンドルは軸としても要チェックポイントといえます。

■関連リンク
・オンラインの中古車販売店のメリット

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



定期点検整備記録をチェックしよう

定期点検整備記録については、車検証と一緒に保管されているのが普通です。メーカーから発行された定期点検整備記録とセットで保管するというのが一般的です。
>>次の記事へ