HOME >> 車のコンディションを知ろう

車のコンディションを知ろう

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



車のコンディションを見きわめよう

家族の大切な命を預ける自動車自分や家族の命を預ける車の購入に、慎重になることは大切です。車のことは良く分からなくて販売店のすすめるままに中古車を決めてしまうのではなく、ある程度の知識をもって自分の目で確認し納得することは大切です。

ネットなどで見つけた車であっても、実際に販売店に出向き、外装、内装のチェックポイントをおさえ、試乗してコンディションのよい中古車を購入しましょう。

外装と内装をチェック

まずは外装のチェックです。顔を車に近づけて、それから今度は少し離れたところから車を見て傷や凹みのチェックをします。下のほうは見落としやすいので慎重に見る必要があります。

中古車の外装と内装をチェックタイヤ周辺のフェンダーやドアパネル、ドアミラーなどの細かい傷や凹み、フロントガラスやバンパーの飛び石跡のチェックをして気になるところは購入前に修理してもらうか、値引きの交渉をしましょう。

それから全てのドアとボンネット、トランクが正常に開閉可能かチェックします。ドアがスムーズに開閉できない車は事故車であることも考えられます。ボンネットを開いたときに整備状況の説明を聞き自分でもオイル漏れなどがないか調べます。

トランクルームも雨がしみこんでできたサビ跡などがないか見ます。また前方、後方からみて車体が歪んでいないか、大きな修理や交換をした形跡がないかも調べます。そのときに今までの修復歴の書かれている記録簿を見せてもらって、一つ一つ確認しながら説明してもらいましょう。

記録簿がない車は避けるという手もあります。ランプやヘッドライトなどは壊れていると車検に通りません。タイヤですが、溝が十分に残っているか、ゴムが劣化してひび割れていないか、異常摩耗してないかをチェックします。

次に内装を見ます。まず一番重要なことは走行距離の確認です。走行距離が短いにも関わらず内装の劣化がひどい車は、業者によるメーターの巻き戻しが疑われます。

それからエアコンやオーディオ関係、パワーウィンドウなどの電気機器が正常に作動するかのチェックをします。電子機器関係は、購入後修理するとなると高額になります。

試乗してみよう

中古車の試乗信頼できる販売店なら中古車を試乗させてくれます。見た目だけでなく実際に乗ってみると乗り心地もわかりますし、購入後のトラブルを避けることができます。

まずはエンジンをかけてみます。すんなりエンジンがかからないのは要注意ですし、ボンネットを開けて異常音がないか聞くことも大切です。

次に排気ガスの色チェックです。黒い煙が出るのは整備ができていません。そして見晴らしのよい広い道路などで実際に運転してみましょう。安全を確認しながらスピードを出して、乗り心地をチェックしましょう。

人や車のいない敷地なら、両手を離して真っ直ぐ走るかのチェックをおすすめします。車軸のずれなどがあると、車は真っ直ぐ走りません。ハンドルの遊びがあるかのチェックも大切です。

■関連リンク
・オンラインの中古車販売店のメリット

掘り出し物の中古車を確実に見つける最高の方法

ガリバーたった1分のカンタン入力♪あとは提案を待つだけでOK!最高のクルマが手に入る。
修復歴なし、低価格。最長10年保証。100日以内返品OK。問い合わせ無料。
>>実績NO.1のオンライン中古車販売店(ガリバー)があなたにピッタリの愛車をお探しします!



事故車には注意しよう

事故車であるという判定はプロであってもなかなか難しいことです。とても安く、憧れの車を購入できた!と喜んでいたのに、買った矢先に故障が多発し、別の修理工場で事故車だと判明した・・・というようなことは残念ながらよく聞く話です。
>>次の記事へ