HOME >> ガリバーの中古車はなぜ安いか?

ガリバーの中古車はなぜ安いか?

ガリバーの車が安いのはなぜ?

ガリバーの中古車はなぜ安いか中古車販売店は全国に何万店もあると言われていますが、その数ある販売店の中で、中古車買取実績No.1を誇るのが「ガリバー」です。
現在、国内に約520店舗、全米で4店舗、今後アジア全土での展開も計画している大手中古車買取販売会社です。

ガリバーが中古車販売市場でトップに君臨するその理由はなんと言っても「とにかく安い」というのが一番の理由です。
他社では実現不可能な価格で勝負できるのはなぜなのでしょう。
なぜそれほどまで中古車を安く売ることができるのか、それには、ガリバー独自の販売形式である「直販方法」に理由があります。

ガリバーオリジナル「直販方法」とは?

では、ガリバーが採用しているこの「直販方法」とは一体どのようなシステムなのか、紹介していきましょう。

まず、一般的な中古車買取専門店での中古車売買の流れを説明します。

【一般的な中古車買取専門店:中古車売買の流れ】
1、車を売却したい人(お客様)が中古車買取専門業者へ査定を出す
     ▼
  →中古車買取専門店はこの段階で「マージン(儲け)」をもらう
2、中古車買取専門店がお客様から車を買取し、中古車オークションへ出品する
3、中古車オークションで出品した車が、バイヤーである中古車販売店によって買取られる
     ▼
  →中古車買取専門店はオークション出品の段階でも「マージン(儲け)」をもらう
4、中古車販売店が買い付けた車が全国の店舗で中古車として売られる
5、中古車を買いたいお客様が、その車を購入する
     ▼
  →中古車買取専門店はこの段階でも「マージン(儲け)」をもらう

一般的な中古車買取専門店:中古車売買の流れ

一般的な中古車買取専門店での中古車売買は、買取った中古車をオークションかけて、買い付けに来た販売店のバイヤーによって、再度中古車として店頭に並ぶ、という流れになっているのです。
その流れの中で、中古車買取専門店は3回マージン(儲け)をもらっているのです。
通常、マージンは中古車販売価格にそのまま反映されるので、買取専門店がマージンを高めに設定していると「販売価格は高く」なります。


それでは、ガリバーの場合を見てみましょう。

【直販方法採用のガリバー:中古車売買の流れ】
1、車を売却したい人(お客様)がガリバーへ査定を出す
2、ガリバーで販売
3、中古車を買いたいお客様が、ガリバーでその車を購入する
     ▼
  →ガリバーが「マージン(儲け)」を受け取る

直販方法採用のガリバー:中古車売買の流れ

一目瞭然ではありますが、ガリバーは買取と販売を「直接」行う「直接買い付け・直接販売」=「直販方法」を行っています。
そして、このシステムにより、マージン(儲け)として受け取る回数が1度になるため、「販売価格は必然的に安く」設定することができるのです。
ガリバー独自のこの直販方法により、他社と比較して販売価格を大幅に安くすること可能となります。
そしてこれが、中古車販売店で実績No. 1を誇る理由なのです。

なぜ他社は「直販方法」を採用できないのか?

中古車販売店それでは、この直販方法を採用すれば他社でも安く中古車を販売できるのではないかと思われるでしょう。

直販方法を取り入れるためには、以下のようなステップが必要になります。
1、中古車の買取業務
2、買取った中古車の整備技術
3、整備した中古車の展示スペース(店頭販売)
4、中古車の売却業務(実際の販売)


このように、買取した中古車をもう一度販売するためには、車検や整備が必要となるため、その技術と展示スペースがあれば、他社でも直販方法を採用することはできます。
もちろんガリバー以外でも、同じように直販方法で中古車販売を行う業者はありますが、整備技術の導入にはお金がかかりますし、店舗規模がすぐに広がるわけではありませんので、販売スペースを確保するというのも中小企業ではなかなか難しいでしょう。
そのため、直販方法は、全てを自社で行うことができる大手ならではの格安システムなのです。

他にもサービスいろいろ!

また、ガリバーでは全ての車に点検・整備を行い、業界では異例の10年間の長期オプション保証など、他社には真似できないサービスがあります。
数ある中古車販売店の中でも選ばれている理由が納得できますね。

「中古車を買いたい」と思ったら、まずはガリバーを検討してみるのも良いでしょう。

>>ガリバーで激安の中古車が探せる!



中古車買うなら未公開車両からも探そう

インターネットなどで誰もが見ることのできる中古車はほんの一部にすぎません。自分にぴったりのお気に入りの中古車を購入したいと思うのであれば、中古車の未公開車両にも目を通し、自分だけの一台を見つけてみましょう。
>>次の記事へ